1958年  東京に生まれる
1982年  東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
1987年  同大学院博士課程修了
1994年  第七回MOA岡田茂吉賞、絵画部門優秀賞受賞
1995年  第四十六回ヴェネチア・ビエンナーレ優秀賞受賞
2000年  河北倫明賞受賞
2002年  第十三回MOA岡田茂吉賞大賞受賞、大徳寺聚光院別院襖絵制作

現在
京都造形芸術大学教授、同大学付属康耀堂美術館館長。
京都造形芸術大学・東北芸術工科大学「芸術学舎」学舎長。
ヴァン・クリーフ&アーペル芸術学校(レコール)マスターズコミッティー委員。
公益財団法人徳川ミュージアム相談役。

1958  Born in Tokyo
1982  Graduated from the Department of Japanese painting, Tokyo University
    of the Arts
1987  Received a PhD degree from the Tokyo University of the Arts
1994  Received a special award 7th MOA Okada Mokichi prize, a pictures section
1995  Received a special award at the Venetia Biennale, Italy
2000  Received a award Kawakita Michiaki
2002  Worked on the Fusuma door painting of Daitoku-ji temple

Presently professor of Kyoto University of Art & Design, director of Koyodo Museum.
president of "GEIJUTSU GAKUSHA" (Kyoto University of Art & Design and Tohoku University of Art & Design)
member of masters committee of L'ÉCOLE of Van Cleef & Arpels, and advisor of The Tokugawa Museum.