千住 博 / Hiroshi Senju

1958年 東京都生まれ
1982年 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
1984年 東京藝術大学大学院修士課程修了。修了制作藝大買上
1987年 東京藝術大学大学院後期博士課程単位取得満期退学。修了制作東大買上
1995年 第46回ヴェネツィアビエンナーレ (ヴェネツィア、イタリア) にて
名誉賞受賞 絵画作品としては東洋人として史上初
1997年 大徳寺聚光院の襖絵制作にとりかかる
1998 年 広島市現代美術館収蔵「八月の空と雲」に対し紺綬褒章受賞
2002年 同院 伊東別院完成
2013年 同院 京都本院襖絵完成
2016年 平成28年度外務大臣表彰受賞
2017年 イサム・ノグチ賞受賞
2018年 野山真言宗総本山金剛峯寺 主殿2部屋の襖絵完成
優秀芸術賞受賞(フィラデルフィア日米協会)
日米特別功労賞受賞(ニューヨーク商工会議所)
2020年 高野山金剛峯寺障屏画が奉納
2021年 日本芸術院より「瀧図」(高野山金剛峯寺襖絵)に対し
令和二年度(第77回)恩賜賞および日本芸術院賞授与
国宝薬師寺東塔平成大修理奉賛 平成の寶玉に選出され、同奉納
紺綬褒章飾版と木杯受章

2007 年~2013 年京都造形芸術大学学長、現在京都造形芸術大学教授
同大学付属康耀堂美術館館長
ヴァン・クリーフ&アーペル芸術学校(レコール)マスターズコミッティー委員
公益財団法人徳川ミュージアム相談役

現在 N.Y.在住

PAGE TOP